ED治療薬
人気ランキング
性病・感染症治療薬

ED治療薬バイアグラ

ED治療薬バイアグラ
人類史上初となるED治療薬であり、すでに発売から15年以上が経過する元祖ED治療薬として君臨しています。
バイアグラ

バイアグラ

備考

勃起促進作用がある成分シルデナフィルくを含むバイアグラは『ファイザー』というアメリカ合衆国のニューヨーク州に本社を置く世界最大手の製薬会社が販売し1998年に、アメリカ食品医薬品局(FDA)に認可され販売が開始されはじめました。

開発までの経緯がとてもユニークな話であり、成分シルデナフィルは「狭心症」という心臓の病気を治療する目的で開発が進められていたものの、EDを治療できる効果が偶然にも認められたため製品化となったという経緯があります。

SEXの1時間ほど前を目安に服用することで、最大で6時間ほどの効き目持続性があります。薬の切れが良く、効き目が強いことから15年以上経った今でも愛用している人はたくさんいます。

「性欲が増してくる」、「興奮が増す」といった媚薬や精力剤と勘違いしている人もいるようですが、服用するだけで勃起できるようなものではありません。

服用してから刺激されたり、興奮を催すことでED治療薬としての効き目が発揮されます。ペニスへの血流を改善することで、勃起へと導いてくれます。
バイアグラで濃厚な夜を楽しむカップル
日本では保険が利かない治療になるので、高い治療費を払い続けるのが困難になり、治療を断念してしまう人もいるようです。

今ではネット通販などを利用して低価格なバイアグラジェネリックなども購入できることから、1/5~1/10ほどの価格に抑えて治療できるようにもなってきています。

剤形に特徴があるものも多く、おやつの様に食べられるゼリータイプや錠剤の苦手な方でも問題ない水に溶かす発泡剤、噛んだり舐めたりして服用するチュアブルなどもあるそうです。

ED治療薬バイアグラの副作用

バイアグラの副作用
バイアグラは男性を再び第一線に戻してくれる夢のような薬ですが、副作用に関しては避けては通れないようです。

血管の拡張作用はペニス以外にも全身に起こるので、副作用は服用した人の90%に見られます。
ED治療薬バイアグラの副作用
顔のほてり 頭痛 動悸 鼻の詰まり 視覚異常
視覚異常の場合には、物が青く見えたり、見え方がサングラスをかけたような状態となることがあります。

いずれもほとんどの人に起こる症状になるので、心配する必要はありません。
反対に、「もう勃起できる」というGOサインとして考えて問題はないようです。

こういった副作用は効き目がなくなると同時に消失していくとされています。
併用禁忌薬などもあるので、用法・用量は守った服用が必要になり、守る限りは安全に服用できる薬となっています。
TOPに戻る