早漏・ペニス増大
人気ランキング
性病・感染症治療薬

早漏防止トレーニング

早漏改善のためのトレーニングの1つとして、スタート・ストップ法というトレーニング方法があります。
これは、マスターベーションを行うときや実際の性行為を行う際に実践できるトレーニングです。
内容としては、性器に刺激を与えて性的快感を高めていき、射精しそうなほどに快感が高まったら1度刺激を与えるのを中断して射精欲求をやり過ごし、収まったら再び刺激を与え始める、というものなんですよ。
刺激を与えるのをスタートさせたり、ストップさせたりするのを繰り返すことから、スタート・ストップ法というトレーニング名が付いたわけです。
このトレーニングによって得られる効果としては、射精欲求のコントロールができるようになるということが挙げられます。
早漏に悩んでしまっている男性というのは、自分の射精欲求をコントロールするということを意識できていない場合が多いのです。
マスターベーションや性行為を行っている際に性的快感が高まってくると、何も考えず欲求の赴くままにスパートをかけて早く射精まで至ろうとしてしまうんですね。
これでは、知らず知らずのうちに、性的快感が高まったらすぐに射精する、というクセがついてしまうでしょう。
これに対して、スタート・ストップ法を実践すると、自分の射精欲求が現在どれ位高まっているのかを常に意識しながらマスターベーションや性行為に臨むことになるので、射精欲求とはコントロール可能なものなのだという意識が芽生えます。
そして、射精欲求をやり過ごす中で射精を我慢する感覚を掴むことができ、性的快感が高まっていてもすぐには射精せずに我慢するクセをつけることが可能になっていくのです。
このトレーニング法のメリットとしては、とても手軽に行える方法であるということが言えるでしょう。
特別な器具や薬剤などが必要なわけではないため、事前準備なしで思い立ったらすぐに行うことができますし、お金もかかりません。
性行為時だけでなく、マスターベーション時にも行えますから、パートナーの都合が悪い場合でも、自分1人でトレーニングをするということが可能なのです。
ちなみに、1点注意点を挙げるとすれば、このトレーニング法は適切に行わないと、精液逆流症などの病気にかかったり、長時間勃起状態を維持させたことによる痛みが生じたりしてしまうことが挙げられるでしょう。
こうした事態に陥るのを防ぐためには、射精の寸前まで刺激を続けてから刺激を止めるのではなく、少し余裕を持って刺激を止めるようにしたり、何時間も連続してトレーニングを続けないようにしたりして、無理をしないことを心がけてくださいね。
スタート・ストップ法の効果を実感できるまでには、それなりの期間がかかりますので、気長に少しずつトレーニングを続けるようにしましょう。
TOPに戻る