ジェネリック医薬品
人気ランキング
性病・感染症治療薬

ラブグラ(女性用バイアグラ)

ラブグラ(女性用バイアグラ) アジャンタファーマ社から発売されている、女性専用のバイアグラのことで、不感症、性的興奮障害を解消させる効果があります。
バイアグラと聞くと男性のED治療薬として印象の強いイメージですが、女性用のラブグラにも同じ有効成分が含まれていることもあり、その効果は期待できます。
男性用バイアグラの有効成分シルデナフィルは、陰茎周辺を中心に全身への血流を増やして勃起力を促進する作用でEDの症状の改善を図ります。
また、勃起を促すサイクリックGMPの働きを弱くするホスホジエステラーゼ5(PDE5)という酵素を抑制する働きがあります。

バイアグラは海綿体へ血液の流入量を増加させることで、硬い勃起を促す働きがありますが、ラブグラは女性器の外陰部、クリトリス(陰核)、膣内の血行を促進させ、感度を高める効果があります。
感度を高めるということは、平常時よりは敏感に感じやすくなるということで、これは不感症、性的興奮障害、性嫌悪症などの悩みを解消させます。
現代の日本ではセックスの挿入時に膣内で気持ち良さを感じない女性が急増していることから、もしかすると気づかないうちに不感症になっているケースというのも十分に考えられます。
「セックスが気持ちよくない」から始まり「セックスをしようと思わない」になり「セックスをしたくない」と、いつの間にか嫌悪感のようなものすら抱くようになることが考えられます。
こうした負のスパイラルが続くと「離婚」や「少子化」などと言った問題の要因の一端になる可能性というのも十分にありえます。
セックスは子供を作るときには必要な行為ですし、夫や彼氏との大切なコミュニケーション方法の一つでもありますので、もしセックスを気持ちよく感じることができず悩んでいる場合ラブグラはとてもおすすめです。

ラブグラの効果

ラブグラの効果に満足な女性 ラブグラは女性用のバイアグラと言われており、効果としては女性器の感度を高めてくれる作用があります。
どのようにしてこのような現象が起こるかというと、ラブグラに含まれている有効成分のシルデナフィルが体内の血管に対して働き欠けてくれるからです。
シルデナフィルは体内の血管に作用し、血管を一時的に拡張してくれる作用があります。血管が拡張されることで血行が促進され、感度を高めてくれるのです。
女性器の付近は特に毛細血管も含め、血管が集中している部位ですので、その結果として普段と比べて敏感になるのです 。

特に敏感になる部位について
クリトリス(陰核)
膣口・膣内
外陰唇・小陰唇

などが上げられます。
中でも膣口や膣内が敏感になるのはとても重要な事で、敏感になると膣内には膣分泌液が放出されます。
膣分泌液の主な成分は頚管粘液で、若者の間では俗に「濡れる」と表現されるものです。
この頸管粘液が非常に重要でセックスの際のペニス挿入時に潤滑液としての役割を担ってくれます。
不感症などでこの頸管粘液が膣内に十分に分泌されないと、ペニス挿入時に痛みを感じたり、膣内が傷つく恐れもあります。
もともとセックスが好きではない女性が、セックスをした際に頸管粘液の不足により痛みを感じた場合、よりセックスを避けるようになり、こうなってしまうと負のスパイラルが発生します。
そうなると男性に対して嫌悪感を抱いてしまったり、酷い場合だとトラウマのようになってしまったりもします。
そうならないためにも、今現在で「濡れにくい」「性器付近があまり感じない」などの自覚症状がある場合は、不感症の可能性があるので、負のスパイラルが発生するなどして悪化する前にラブグラを服用して、少しでも感度を高めるなどの対策をする事をおすすめします。
ラブグラ

>>ラブグラの通販はこちら<<


ラブグラは血管を拡張し、細部まで感度を敏感にする効果はもちろん、ラブグラを服用したという本人の自覚によって性感が高まるプラセボ効果も期待できます。しかしシルデナフィルはあくまで血管の拡張により敏感になるということであって、媚薬のように脳内に働きかけるような作用はありませんので間違えないようにしましょう。

ラブグラの服用方法

ラブグラは水で服用 ラブグラの服用方法についてご紹介していきます。
服用方法なんてそんなに細かく気にしないという人もいるかもしれませんが、薬の効果を有意義にするためにも正しい服用方法を理解するようにしましょう。

まず一番気を付けなくてはいけないことですが、ラブグラは1日の摂取量は100mgが限度とされており、100mgを超えて超える量を服用しても、それ以上の効果を得られないばかりか身体に負担をかけ、悪影響を及ぼす可能性がありますので、絶対に100mg以上服用してはいけません。
服用するタイミングについては性行為の30分~1時間程度前で、空腹時が理想です。
服用する際は水もしくはぬるま湯と一緒に飲むようにして、間違っても食べ物などと一緒に服用してはいけません。
ラブグラは食事などの影響を受けやすく、食事と一緒に服用したり、食事をとった直後などに服用すると効果が弱まってしまったり、人によってはまったく効果を感じないという可能性もあります。
もしどうしても食後に服用するというのであれば、食事をとってから2時間~3時間程度、時間を空けてから服用するなどして、なるべく食事との間隔は空けるようにしましょう。
ラブグラは服用して約30分から1時間で効果が現れはじめ、そこから個人差はありますが4時間から5時間にわたって効果が持続します。
また、その翌日にラブグラを服用する場合は、服用間隔が24時間以上空いてることを確認してから服用するようにしましょう。

ラブグラを服用する際のポイントとして、一度に必ず100mgを服用しなかければならないということはなく、もし100mgで効果を十分すぎるほど実感できていて、副作用を軽減したい場合などは、100mgを半分にして服用するなどしても効果を得られる場合があります。
この場合、100mgの錠剤を半分にして服用することになるので、次回その半分を服用することができるので、コストパフォーマンスにも優れているので、ラブグラを服用する際は是非お試しください。

ラブグラの副作用

ラブグラの副作用を考える女性 ラブグラを服用する上で気になるのが副作用ですが、その副作用については個人差があり、必ずしも現れるものではありません。また、副作用が現れたとしても、強かったり弱かったり、その人の体質やその日の体調によっても異なるので、最初にそれは理解しておく必要があります。

よく報告される副作用としては火照り(火照り)・鼻詰まり・胃もたれ・頭痛・めまい・動悸などがあります。
これらの副作用を実感できたら、薬の効果が現れてきたという判断基準になるので、上記で紹介している副作用については覚えておくと良いかと思います。

副作用の強さについてですが、基本的には服用してセックスができないほど強く副作用が出ることはありませんが、体質によっては効果をあまり得られず副作用が強く出てしまう場合も稀にあります。
これはその日の体調はもちろん、服用している別の薬があったり、薬と飲み合わせの食べ物や飲み物を摂取した後であったりすることでも変わってきます。
何かしらの原因があって副作用が強く出てしまい、セックスを行えない状態になってしまうといった場合は、決して無理せずかかりつけ医に相談するなどするようにしましょう。

そしてそうした場合は具体的な原因が分かるまで薬の服用は控えた方が無難です。
飲み合わせに関して言えば、アルコール類やカフェイン類、グレープフルーツなどの柑橘系と一緒に服用は効果や副作用について影響を及ぼす可能性があるので、一緒に服用するのは避けた方が無難です。
アルコール類であれば適用を摂取することで、相乗効果を望めることはありますが、泥酔している状態、酩酊している状態などで服用すると効果を全く得られない場合があるので止めましょう。
グレープフルーツなどの柑橘系については、効果を得られないばかりか、副作用が強くでるなど、身体に対して悪影響を及ぼす可能性が非常に高い食べ物となっているので、絶対に一緒に服用してはいけません。

バイアグラと同じ主成分で、効果も似ていると言えば似ていますが、薬自体は異なり、女性用と男性用で成分量の調整はしっかり行われていますので、安易な考えで異性用のバイアグラを服用したりしないようにしましょう。

ラブグラはこんな女性にオススメ

ラブグラで笑顔の女性 性行為でオーガズムに達することができない(オーガズム不全)、性感度が低いために行為に対して積極的になれない(不感症)、また不感症のために膣の潤いが不足し、 挿入前、挿入後にも痛みを感じる場合、そして性欲が低下している人(性嫌悪症)、また充実した性行為をしたいと思っている人にオススメです。

不感症(オーガズム不全)
・不感症とは性行為で感じられない。
・オナニーでは感じられる。
不感症の発症の原因ははっきりとは解明はされてはいませんが、性的な感情が、抑制されたり阻止されることで発症することが多いと言われています。

性的興奮障害
・性欲はあるが、性行為中に膣が濡れないために性行することができない。
性的興奮障害の症状は主に性的興奮はあるが「濡れない」「性的感度が低いために気持ちよくない」といった症状が現れます。これは「心は興奮を覚えても、身体が反応しない」というケースのことをいいます。
性嫌悪症
・性行為が嫌い、嫌でしょうがない、身体に触れられるのも嫌がる。

男性に対して、トラウマがある、男性恐怖症、または幼少期から「男性は汚い」と言われて育ち、性嫌悪感が染み付いてしまっているというケースがあります。

ラブグラ(女性用バイアグラ)のまとめ

ラブグラで仲良しの男女 女性用のバイアグラのラブグラは、女性の性的な欲求や快感を満足させるために開発された薬です。特に中高年の方に人気の薬です。不感症、性的興奮障害、性嫌悪症などと言った症状は気づき難く、治療方法などといったものも、全く分からないと思います。しかし、ラブグラを使用することで解消・治療をすることができます。そして、あなたが今まで知りもしなかった快楽を経験することができます。

女性としての本当の喜びを知ることができます。ラブグラは通販でも気軽に購入することができます。病院での治療は抵抗がある、通院、治療に時間を掛けたくないという人は通販で購入し、治療することをオススメします。もちろん、不感症ではない人でもラブグラを使用することで、いつも以上に性行為をより深く楽しむことができるでしょう。

TOPに戻る