海外医薬品
人気ランキング
性病・感染症治療薬

処方せんが不要な理由

処方せん不要 基本的に世界のどこの国でも、病院で医師の診察を受けて病状の回復のために医薬品が必要であれば、医者は処方せんを処方します。
患者は処方せんに基づいて病院内の薬局や一般の薬局で、医者に処方された薬を購入します。
この事から理解できるように、処方せんというのは端的にいうと、医者が患者の病状に必要な薬を、服用方法の指示と合わせて書いた書類という事になるのです。
医薬品に関する法律はそれぞれの国により異なります。
日本の薬事法や薬剤師法は世界の他国の医薬品に関する法律と比較するとかなり厳しく、一般の人が医薬品を薬局の店頭で購入するにはかなりの制限があります。
日本の薬事法で医療用医薬品として定められている薬の事を、一般に処方せん薬と呼ぶ事が多いです。
処方せん薬は薬剤師の常駐する病院や薬局で記録を付けて保管する義務があり、医師の処方以外では購入できません。
そして処方せん薬の購入には健康保険が適用されます。
ですから一般の人が処方せんがない時に医療用医薬品を購入したくても、それはできないのです。
それに対して、日本の薬事法で一般用医薬品に指定されている医薬品は、医師の処方せんがなくても薬局の窓口等で自由に購入する事ができます。
大衆薬とか市販薬と呼ばれる事が多い薬です。
一般用医薬品は医療用医薬品と比較すると効き目が弱く、薬剤師からアドバイスを受けて自分の意思で服用を始めたり中止したりします。
法律で医薬品をこれほど厳格に管理している国は日本以外には非常に少なく、ほとんどの国では、日本では医師の処方せんがなければ購入できない薬を薬局等で自由に購入できるのです。
一部の劇薬や習慣性の強い医薬品については多くの国が一定の購入制限をかけていますが、海外で販売されている医薬品の大半は購入時に処方せんが不要です。
その代わり服用については自己責任が求められる事になります。
日本で医師から処方されている処方せん薬を、海外旅行の時に薬局で購入できてびっくりしたという経験をされた方は多いでしょう。
医薬品の個人輸入は薬事法で認められていますから、海外旅行に行かなくても処方せん薬を個人輸入で処方せん無しで購入することは合法です。
医薬品の価格自体は、実は日本国内で販売される価格も海外の薬局で販売される価格も、それほど開きはありません。
しかし日本では処方せんを受け取るために医師の診察を受け、薬剤師により管理された処方せん薬を購入する事による診察料、投薬料、処方せん料と手数料が次々と加算されるため結果的に高価になってしまうのです。
TOPに戻る