海外医薬品
人気ランキング
性病・感染症治療薬

輸入が禁止されている薬物

今はインターネット通販でいつでもパソコンやスマートフォンから買い物ができる時代となっていますが、国内サイトはもちろん、海外で販売されている商品も人気です。
そして海外製品でも特に医薬品は人気となっていますが、国内で販売されている薬がより安く購入できたり、まだ国内で認可されていない薬や化粧品が購入できる、医療機関に行く時間が取れない場合にも便利などさまざまな理由で購入されています。
薬の個人輸入というと難しいイメージもあり、誰もが気軽に手を出せるものではないというイメージもありますが、そういった場合も代行業者に依頼すれば、いつもの国内のショッピング感覚で購入でき、特別な手続きも必要ありません。
よく購入されている薬ではAGA治療薬やダイエットピル、さらにED治療薬、まつげ美容液などの化粧品も人気です。
そして個人輸入ではどんな薬でも自由に選べるのかとなりますが、そういうわけではなく、輸入が禁止されている薬物もあります。
まず、当たり前のことですが、覚せい剤や覚せい剤原料は輸入が禁止されており、もし購入した場合は処罰の対象となります。
さらに大麻なども時々ニュースで問題となっていますが、こちらも大麻取締法の規定により大麻草や大麻樹脂の輸入は禁止されており、こちらも違反した場合は処罰の対象です。
さらに医療用の麻薬や向精神薬も医師から処方されて携帯する場合、以外には個人が輸入することは禁止されています。
そのほかにもワシントン条約に基づき輸入できない医薬品や原料もあり、サイの角、トラの骨、クマの胆のうなどがこれにあたりますので、気をつけたいものです。
このほかにも健康を害する可能性がある医薬品や偽造医薬品の可能性があるものも輸入が禁止されています。
厚生労働省のサイトでは、個人輸入ができない医薬品や輸入に注意したい薬のことなど詳しい情報が掲載されていますので、これから薬の個人輸入の利用を検討されている方はぜひ目を通しておきたいものです。
それから輸入が許可されている薬の場合でも、それぞれルールがありますのでこちらも理解しておきましょう。
例えば、外用剤は標準品目で一品目24個以内、化粧品も一類目24個以内、毒薬、劇薬、処方せん薬は用法用量から見て1ケ月以内、それ以外の医薬品、医薬部外品は用法用量から見て2ヶ月以内など。
薬の個人輸入はとても便利ですが、その特徴を良く知り、正しい方法で購入するよう心がけたいものです。
TOPに戻る