海外医薬品
人気ランキング
性病・感染症治療薬

海外医薬品の個人輸入

個人輸入 個人輸入とは日本国内では手に入りにくい商品を個人で直接海外から買い付けることです。
以前は海外旅行に出かけたついでに買物をするのが一般的でしたが、最近ではインターネットの普及によって自宅に居ながらにして海外から買い付けることができるようになったため、現在では個人輸入というとネットを利用したものを指すのが一般的になっています。
近年、個人輸入される商品として人気となっているのが医薬品です。
特にAGA治療薬やED治療薬、ピルといった商品は人気があります。
こういった医薬品を日本国内で購入するためには医師の処方箋が必要になりますが、コンプレックスが強いため診察を受けるのを嫌がる人も多く、そういった人が医師の処方箋がなくても購入できる海外製の医薬品を購入しているのです。
個人輸入を利用すれば、日本では承認されていない最新の医薬品を購入することもできます。
深刻な病気をお持ちの方で、すでに国内で販売されている医薬品を試したけれど効果が出なかった時、日本では未承認でも海外では承認されていて素晴らしい治療効果があると評判の医薬品があれば、試してみたいと思うでしょう。
そういった未承認薬でも個人輸入を利用すれば購入することができます。
なお、未承認医薬品は国内で購入すれば違法行為となりますが、海外で購入して輸入するという形を取れば問題ありません。
医薬品を格安の価格で購入できるのも個人輸入の魅力です。
海外の医薬品の価格が安いのはジェネリックが普及しているからです。
製薬会社が開発した新薬にはその権利を守るために特許が設定されます。
そのため、一定期間は独占状態となるため医薬品価格は下がりません。
しかし、特許が切れればどの製薬会社でも同じ薬を作れるようになるので価格は劇的に下がります。
これをジェネリック医薬品と呼びます。
日本でも最近はジェネリック医薬品が徐々に普及しつつありますが、海外では日本と比べ物にならないほどジェネリックが普及しています。
また、インドのように特許期間中であっても一定の金額を製薬会社に支払うことで特許を外してもらい、最新の医薬品のジェネリックを作ることのできる国もあります。
そのため、効果・効能の強い最新の医薬品のジェネリックを国内の半額以下という非常に安い価格で購入できるのです。
なお、個人輸入は個人でももちろん可能ですが、通関手続きなど面倒なことも多いので個人輸入代行に頼むのが一般的です。
個人輸入代行を利用することで面倒な手続きを個人で行う必要がなくなりますし、送料無料の業者も多いので個人で輸入するよりもさらに安く医薬品を購入することができます。
TOPに戻る