海外医薬品の個人輸入
人気ランキング
性病・感染症治療薬

海外医薬品の個人輸入

海外医薬品
海外医薬品
海外医薬品とは、簡単に言えば海外で販売されている医薬品の事を言います。
日本国内で医薬品が流通するためには、まずは厚生労働省による認可が必要となる為、そこで承認されない物に関してはどれだけ効果が実感できると言われている物であっても、国内で処方される事はありません。
勿論これは薬剤による影響・安全性等を考えた上での事となるので、認可自体が海外に比べると遅くなってしまうのは仕方がない事とも言えます。

個人輸入
個人輸入
個人輸入とは日本国内では手に入りにくい商品を個人で直接海外から買い付けることです。
以前は海外旅行に出かけたついでに買物をするのが一般的でしたが、最近ではインターネットの普及によって自宅に居ながらにして海外から買い付けることができるようになったため、現在では個人輸入というとネットを利用したものを指すのが一般的になっています。

近年、個人輸入される商品として人気となっているのがAGA治療薬やED治療薬、ピルといった医薬品です。
こういった医薬品を日本国内で購入するためには医師の処方箋が必要になりますが、コンプレックスが強いため診察を受けるのを嫌がる人も多く、そういった人が医師の処方箋がなくても購入できる海外製の医薬品を購入しているのです。
個人輸入を利用すれば、日本では承認されていない最新の医薬品を購入することもできます。
深刻な病気をお持ちの方で、すでに国内で販売されている医薬品を試したけれど効果が出なかった時、日本では未承認でも海外では承認されていて素晴らしい治療効果があると評判の医薬品があれば、試してみたいと思うでしょう。
そういった未承認薬でも個人輸入を利用すれば購入することができます。
また効果・効能は同等でありながら、価格は半額以下とういうジェネリック医薬品も購入できるのです。

なお、個人輸入は個人でももちろん可能ですが、通関手続きなど面倒なことも多いので個人輸入代行に頼むのが一般的です。
個人輸入代行を利用することで面倒な手続きを個人で行う必要がなくなりますし、送料無料の業者も多いので個人で輸入するよりもさらに安く医薬品を購入することができます。
医薬品の個人輸入には薬事法で定められたルールがあり、1度に購入出来る数量が限られます。

個人輸入の数量制限

・指示薬          1ヶ月分以内
・医薬品          2ヶ月分以内
・ビタミン剤・サプリメント 4ヵ月分以内
※指示薬とは日本国内で手に入れる際に医師の処方が必要とされる医薬品

参考価格(価格:ライパートナー)

バイアグラ50㎎4錠(主成分:シルデナフィル)日本で処方 6,000円
バイアグラ50㎎4錠(主成分:シルデナフィル)海外で通販 5,180円
カマグラ 50㎎4錠(主成分:シルデナフィル)海外で通販 1,550円(75%OFF)

プロペシア 1㎎ 28錠(主成分:フィナステリド)日本で処方 7,500円
エフペシア 1㎎100錠(主成分:フィナステリド)海外で通販 2,580円(95%OFF)

このような圧倒的な価格差や、コンプレックスになりうる症状の医薬品などを誰にも知られずに購入できるという点が、個人輸入を利用する人の増加へと繋がっています。

海外医薬品通販のメリット

海外医薬品のメリットを感じて満足する男性
薬の購入方法は大きく分けて医療機関で、それぞれに合った薬を処方してもらう方法、そしてドラッグストアや薬局で市販薬を購入する方法があげられます。
医療機関なら医師がそれぞれの症状や体質に合わせて薬を出してくれるので安心感がありますし、ドラッグストアなどの医薬品は気軽に購入でき、薬剤師とも相談して選ぶことができます。

そのほかの方法では海外医薬品の通販も注目されています。
この方法は以前は難しいと言われておりましたが、インターネットの時代になり、誰もが気軽に利用できるようになりました。
海外医薬品の購入は直接海外サイトから購入するとなると言葉がわからなかったり、手続きが難しかったりなど何かと不安もありますが、国内には海外医薬品の個人輸入代行サービスがいくつもあり、こうした業者を利用すれば難しい手続きはすべて行ってもらうことができ、サイトも日本語で表示されていますので、いつものように国内のショッピングサイトを利用するような感覚で購入できます。

海外医薬品を通販で購入するメリットとしては、まず医療機関に行かずに薬がいつでも好きな時間に注文でき、自宅まで届けてもらうことができるということがあげられるでしょう。
忙しくされている人は医療機関に行く時間が取れない場合もありますし、ED治療などはデリケートな問題ですので、医療機関に足を運ぶことに抵抗を感じる方もいらっしゃるものです。
そうした場合でも通販なら人と顔を合わさずに目的の薬が入手できます。
それから医療機関で購入するより、通販のほうがより低価格である場合も多く、薬を少しでも安く買いたいという方にも便利なサービスです。
さらに、海外医薬品の通販のメリットとしては、まだ日本では認可されていない薬やまだ販売が許可されていないジェネリック的な薬が購入できることもあげられます。

医薬品はもちろん、ダイエットサプリや化粧品で日本で販売されていないものも、海外医薬品の通販サイトなら入手できるものもございます。
薬の通販の場合は中味が知られてしまわないか心配される場合もあるかもしれませんが、多くの場合は中味がわからないよう配慮して届けてくれるようになっていますので、安心して注文することができます。
海外医薬品の購入は自己責任となりますので、まずは信頼できる業者を見つけておくことが大切です。
偽薬が届いたなどということがないよう、正規品保証があるかはしっかり調べておきましょう。

処方せんが不要な理由

処方せん不要
基本的に世界のどこの国でも、病院で医師の診察を受けて病状の回復のために医薬品が必要であれば、医者は処方せんを処方します。
患者は処方せんに基づいて病院内の薬局や一般の薬局で、医者に処方された薬を購入します。
この事から理解できるように、処方せんというのは端的にいうと、医者が患者の病状に必要な薬を、服用方法の指示と合わせて書いた書類という事になるのです。

医薬品に関する法律はそれぞれの国により異なります。
日本の薬事法や薬剤師法は世界の他国の医薬品に関する法律と比較するとかなり厳しく、一般の人が医薬品を薬局の店頭で購入するにはかなりの制限があります。
日本の薬事法で医療用医薬品として定められている薬の事を、一般に処方せん薬と呼ぶ事が多いです。
処方せん薬は薬剤師の常駐する病院や薬局で記録を付けて保管する義務があり、医師の処方以外では購入できません。
そして処方せん薬の購入には健康保険が適用されます。
ですから一般の人が処方せんがない時に医療用医薬品を購入したくても、それはできないのです。

それに対して、日本の薬事法で一般用医薬品に指定されている医薬品は、医師の処方せんがなくても薬局の窓口等で自由に購入する事ができます。
大衆薬とか市販薬と呼ばれる事が多い薬です。
一般用医薬品は医療用医薬品と比較すると効き目が弱く、薬剤師からアドバイスを受けて自分の意思で服用を始めたり中止したりします。
法律で医薬品をこれほど厳格に管理している国は日本以外には非常に少なく、ほとんどの国では、日本では医師の処方せんがなければ購入できない薬を薬局等で自由に購入できるのです。
一部の劇薬や習慣性の強い医薬品については多くの国が一定の購入制限をかけていますが、海外で販売されている医薬品の大半は購入時に処方せんが不要です。
その代わり服用については自己責任が求められる事になります。

日本で医師から処方されている処方せん薬を、海外旅行の時に薬局で購入できてびっくりしたという経験をされた方は多いでしょう。
医薬品の個人輸入は薬事法で認められていますから、海外旅行に行かなくても処方せん薬を個人輸入で処方せん無しで購入することは合法です。
医薬品の価格自体は、実は日本国内で販売される価格も海外の薬局で販売される価格も、それほど開きはありません。
しかし日本では処方せんを受け取るために医師の診察を受け、薬剤師により管理された処方せん薬を購入する事による診察料、投薬料、処方せん料と手数料が次々と加算されるため結果的に高価になってしまうのです。

輸入が禁止されている薬物

輸入禁止の薬物
今はインターネット通販でいつでもパソコンやスマートフォンから買い物ができる時代となっていますが、国内サイトはもちろん、海外で販売されている商品も人気です。
そして海外製品でも特に医薬品は人気となっていますが、国内で販売されている薬がより安く購入できたり、まだ国内で認可されていない薬や化粧品が購入できる、医療機関に行く時間が取れない場合にも便利などさまざまな理由で購入されています。
< 薬の個人輸入というと難しいイメージもあり、誰もが気軽に手を出せるものではないというイメージもありますが、そういった場合も代行業者に依頼すれば、いつもの国内のショッピング感覚で購入でき、特別な手続きも必要ありません。

人気があり、購入されている薬としてはAGA治療薬やダイエットピル、さらにED治療薬、まつげ美容液などの化粧品も人気です。
そして個人輸入ではどんな薬でも自由に選べるのかとなりますが、そういうわけではなく、輸入が禁止されている薬物もあります。
まず、当たり前のことですが、覚せい剤や覚せい剤原料は輸入が禁止されており、もし購入した場合は処罰の対象となります。
さらに大麻なども時々ニュースで問題となっていますが、こちらも大麻取締法の規定により大麻草や大麻樹脂の輸入は禁止されており、こちらも違反した場合は処罰の対象です。
さらに医療用の麻薬や向精神薬も医師から処方されて携帯する場合、以外には個人が輸入することは禁止されています。

また、ワシントン条約に基づき輸入できない医薬品や原料もあり、サイの角、トラの骨、クマの胆のうなどがこれにあたりますので、注意が必要です。
さらに健康を害する可能性がある医薬品や、偽造医薬品の可能性があるものも輸入が禁止されています。
厚生労働省のサイトでは、個人輸入ができない医薬品や輸入に注意したい薬のことなど詳しい情報が掲載されていますので、これから薬の個人輸入の利用を検討している場合は必ず目を通すようにしましょう。

輸入が許可されている薬の場合でも、それぞれルールがありますのでこちらも理解しておきましょう。
例えば、外用剤は標準品目で一品目24個以内、化粧品も一類目24個以内、毒薬、劇薬、処方せん薬は用法用量から見て1ケ月以内、それ以外の医薬品、医薬部外品は用法用量から見て2ヶ月以内など。
薬の個人輸入はとても便利ですが、その特徴を良く知り、正しく理解した上でのご利用をオススメします。

実際の梱包状況

海外医薬品通販の梱包状況
購入した薬は家族であっても知られたくない場合もありますよね?海外医薬品を通販で購入する場合、多くの業者の場合は中味がわからないよう梱包してくれますし、商品名の記載も一切なしで届けてくれるなど配慮がなされています。
多くの業者はプライバシーに配慮していますので、箱を開けない限り中味はわからないので、安心して注文できるといえるでしょう。
それから留守の間に商品が到着してしまうという場合もありますが、家族にも購入していることを知られたくないというのであれば郵便局止めに対応してくれる業者もありますので、局止めで注文しておくこともできます。
海外からの購入となると送料も気になるところですが、送料無料や手数料無料で対応してくれる業者も多いので、余計な手数料を支払いたくない場合はそういった代行業者を見つけるのも一つの選択肢です。

実際の梱包状況
  • 梱包外装

    内容物の記載は無く、宛名と通関告知書のみ記載されています。

  • 梱包中身

    エアークッションで包まれ内容物を保護しています。

  • 梱包全容

    段ボール、医薬品、商品明細が全容となります。


梱包につきましては、画像でも掲載しているとおり、外装には届け先と通関告知書が記載されているだけで、中身が何であるかは全く持って解りません。
中身には医薬品と明細書が梱包されています。
全てのサイトが、発送後に郵便追跡番号を発行するので、自分の荷物が何処にあるのかを日本郵便のホームページで、確認する事が出来ます。

お届け先には個人宅が原則となりますが、一部サイトには郵便局留めに対応しているサイトも御座います(中身が解らないので自宅でもご安心下さい)
また、会社への発送などは薬事法のルールで禁止されておりますので、ご注意下さい。
原則、個人で使用する為の輸入となりますので、下記のような場合も禁止されております。
ED治療薬を女性名義で受け取る
避妊薬ピルを男性名義で受け取る

目安の納期(入金確認後)
アメリカ    5 ~ 7日
シンガポール  5 ~ 7日
インド    10 ~ 15日

バイアグラNAVIで掲載している「通販サイト」につきましては、当サイトでの基準をクリアしたサイトだけを厳選して掲載しております。
実際に購入して、サポート面や医薬品が正規品である点、届く事、梱包状態が良好など自信を持ってオススメ出来る通販サイトですので、安心してお買い求め下さい。
TOPに戻る