海外医薬品
人気ランキング
性病・感染症治療薬

海外医薬品

個人が自ら使用する事を目的に海外の販売店から直接医薬品を購入する事を個人輸入といいます。
医薬品の個人輸入には薬事法で定められたルールがあり、1度に購入出来る数量が限られます。また個人が使用する事を目的とした場合に限られますので、友達に配ったり営利目的で購入する事は禁止されております。
下記に数量をご紹介します。
・指示薬          1ヶ月分以内
・医薬品          2ヶ月分以内
・ビタミン剤・サプリメント 4ヵ月分以内
※指示薬とは日本国内で手に入れる際に医師の処方が必要とされる医薬品

インターネットの普及で国内のみならず海外からも気に入った商品を購入出来るようになった事で、医薬品の個人輸入が増加傾向にあるようです。
何故?医薬品の個人輸入が増えているのか要因を纏めてみました。
・コンプレックス系(周囲に相談出来ない悩み)
・安価である
・便利である
・効き目が強い

アンケートの結果で1番多かったのはコンプレックス系の医薬品でした。
主にEDや早漏、性病やピル、薄毛など下半身や頭皮の医薬品に需要が集中しております。
理由は簡単で、医者に相談しにくい事象だからでしょう。
次に多かったのは安価である点ですが、同一成分で同様の効果効能が期待出来るジェネリック医薬品を求める声です。
下記に参考になる価格を調べてみました(価格:ライパートナー)

バイアグラ50㎎4錠(主成分:シルデナフィル)日本で処方 6,000円
バイアグラ50㎎4錠(主成分:シルデナフィル)海外で通販 5,180円
カマグラ 50㎎4錠(主成分:シルデナフィル)海外で通販 1,550円(75%OFF)

プロペシア 1㎎ 28錠(主成分:フィナステリド)日本で処方 7,500円
エフペシア 1㎎100錠(主成分:フィナステリド)海外で通販 2,580円(95%OFF)

このような圧倒的な価格差やコンプレックス系の医薬品である事が、個人輸入の増加に繋がっているのだと思われます。
TOPに戻る