ED治療薬
人気ランキング
性病・感染症治療薬

ED治療薬の購入方法

バイアグラ・レビトラ・シアリス
バイアグラをはじめたとしたレビトラシアリスなどのED治療薬を購入をするに伴い、その購入方法は必然的に2つに絞られることと思います。
購入方法
1) 海外医薬品通販で購入される治療薬
2) お医者さんから処方される治療薬
この2点での大きな違いは何かというと、コスト面だと思います。掛かりつけのお医者さんがいる場合、病院処方となるため、個人輸入を使用した海外通販で購入するほうが圧倒的にコストパフォーマンスは良いです。

しかし、コスト面などを考えないのであれば、個人輸入よりも確実に病院処方をする方が良いケースも多々あります。

今回は、『個人輸入による通販で購入する場合』と、『病院処方で購入する場合』とのメリット・デメリットを検証してみたいと思います。

海外通販による個人輸入で購入する場合

海外通販による個人輸入で購入する場合
まず、はじめに海外通販による個人輸入で購入する場合のメリットとデメリットを紹介していきたいと思います。

はじめにあげた通り、海外通販による個人輸入を使用して購入する場合についてですが、
個人輸入のメリット
1) 低価格でED治療薬などの商品が購入ができる
2) プライバシーが守れる
3) 時間の節約になる
4) 自分で期待する効果効能の商品を選ぶことができる
5) サイトにもよるが、購入する毎にポイントが付くためお得
などがあげられるでしょう。
インターネット通販はED治療薬などに限らず、様々な日常品であっても簡単に購入することができたり、価格が低価格で購入することができるなどのメリットが多いことから、近年とても注目されています。
海外通販による個人輸入で購入する場合
こうしたインターネット通販というものは、若年層のためのサービスと思われがちですが、実はそうではありません。

高齢者ほど、遠くまで買い物へ行くことが体力的に厳しい、重たいものを持ちかえるのが大変どいった体力的な問題が生じる可能性が多いため、高齢者こそインターネット通販を利用するべきサービスなのです。

実際、総務省による2014年の調査では、65歳以上のネットショッピング利用が右肩上がりに伸びているという報告がされています。

ここまで見ると、上記にあげた5つの要因から若年層から高齢者まである程度のインターネットによる通販を利用している方が増えつつあることがわかります。

では次に、個人輸入のネックとなりえるデメリットをみてみると、
個人輸入のデメリット
1) 副作用が出ても自己責任
2) 偽物の可能性がある
上記2点があげられます。
しかし、『1)副作用が出ても自己責任』については、まず海外通販による個人輸入に限らず、病院処方などのお医者さんに処方をしてもうら場合であっても、作用に伴う症状のため、副作用についての理解を了承の上で服用を考えるべきでしょう。
副作用などについて調べることが大切
海外通販による個人輸入による通販での購入、または病院処方による購入であっても、そのED治療薬が偽物ではない限りは、どちらで購入をしても同成分を配合した同商品であるので、副作用の症状が出るか、症状が出ないかは購入方法とはまた別の論点となります。

『2)偽物の可能性がある』については、これは5,6年ほど前と比べれば取締りが厳しくなったことで、ほとんどなくなってきています。しかし、現在でもそういった悪質なサイトは残念ながら少なからず実際存在します。

しかし、私たちの日常生活にインターネットが欠かせなくなってきているこのネット社会を生きる上では消費者側も自らを守るため、
・会社概要がある(個人ではなく、法人として運営をしっかりしている)
・利用規約を確認する
・ネットの口コミを確認する
上記3点を確認することはとても大切です。
勿論、悪質なサイトが一切ないことが一番なのですが、残念ながら現状では悪質なサイトが稀に存在してしまっている以上、自身が被害者・加害者となってしまわないためにも、気を付けるにこしたことはないでしょう。
副作用などについて調べることが大切2
インターネットではなく近隣の病院へ通院される場合であっても、その病院に良心的・専門的なお医者さんでいるかどうかを確認をしたりすると思います。

それと同じで通販で購入を考える場合であっても上記3点などに目を通すことで、偽物を取り扱うようなサイトを回避することは容易なことでしょう。

病院で処方で購入する場合

病院で医師に相談する男性
では、今度は逆にお医者さんからに処方をしてもらう場合で考えてみましょう。
通院することのメリット
1)専門のお医者さんに相談することで適切なアドバイスがもらえる
2)安全性が高い
3)偽造品の可能性が限りなく皆無
4)欲しいときにすぐに処方してもらえる
などがあげられます。
やなり圧倒的に『2)安全性が高い』これに尽きると思います。

また、『1)専門のお医者さんに相談することで適切なアドバイスがもらえる』これにより、併用禁止役などをお医者さんから予め指摘してもらえたり、詳しい効果効能などを知ることができるのもとても大きいと思います。

では逆に病院処方でネックとなりえるデメリットについてですが、
通院することのデメリット
1)コストパフォーマンスが悪い
2)他者にマイナスイメージをもたれる可能性があるコンプレックスを他者に知られる
大まかにあげるとこの2つがあげられます。
(1)コストパフォーマンスが悪い、についてですが、これは従来でいえば処方箋や、診察にも料金が掛かり、調剤薬局での手数料金などが掛かってしまっていました。
医療費が高いと訴える男性
しかし、近年では海外医薬品ほどのコスパが良くないものの、『診察無料』や『処方料金込みで安価な価格帯』でお客さんのニーズに合わせたお医者さんが増えています。

なので、『1)コストパフォーマンスが悪い』に関しては値段に関してはあまり気にしない!という方であれば問題ないかと思います。

では『2)他者にマイナスイメージをもたれる可能性があるコンプレックスを他者に知られる』に関してですが、これは通院する他の患者さんや、病院に勤務されるお医者さんや看護師の方に知られないようにするのは厳しいでしょう。

しかし、どういった理由でそのお医者さんに通院をされているのかという個人情報が流出することはないでしょうから、こちらもあまり気にしなくても良いかと思います。

後は、専門医であるため、そこに通院することED治療薬を購入するために訪れていると特定されてしまう、や待合室で知人にはち合わせる、などしない限りは問題ないでしょう。

まとめ

個人輸入通販か病院処方か考える男性
上記のそれぞれの内容を加味して考えてると、どちらも利用することにデメリットとなるマイナスな要素は持つものの、両者共にそれ以上に使用するメリットがあると思います。

状況に応じて個人輸入の海外通販か病院処方による購入を使い分けると良いでしょう。

個人輸入による海外通販の利用を考えている方で、良質なサイトかを見極める自信が無いという方は、当サイトで海外医薬品の販売サイト人気ランキングの一覧がありますので、そちらから参照していただければと思います。

病院処方による購入を考えている方は、お住まいの、もしくは職場、隣町などの地名と合わせてED治療薬 購入と検索されると良いでしょう。

はじめてのED治療薬を購入方法は上記の2点のいずれにしても、先発薬ではなく後発薬(ジェネリック医薬品)を選ぶとより、安価となります。

なのでバイアグラやレビトラ・シアリスなどの先発薬に対してのこだわりがないのであれば、後発薬(ジェネリック)をおすすめします。

TOPに戻る