ジェネリック医薬品
人気ランキング
性病・感染症治療薬

インドのジェネリック医薬品は安全

インターネットで薬を検索すると、最近では海外医薬品が数多くヒットします。
特にED治療薬やダイエット医薬品など、日本での開発が遅れているような製品は海外医薬品が多いです。
その中にはジェネリック医薬品も数多く存在し、製造元はインドが多く、正規品に比べて値段は安くなっています。
インドの医薬品は日本のドラッグストアではあまり見かけない馴染みの薄いものかもしれません。
しかし、インドは経済が成長しており、医学のレベルは世界トップクラスです。
難しい治療をインドに出向いて行う人がいるくらいなのです。
当然、それに伴う医薬品の開発レベルも非常に高く、ジェネリック医薬品の多くがインド製だからといって、不安になる必要は全くありません。
しかし、インドの医薬品を見ると、不自然なことに気付く方もいるかもしれません。
それは、インドで売られているジェネリック医薬品の多くが、特許が切れていないということです。
ふつう、特許は有効成分や製造方法、効果や効能といったものが、開発した製薬会社の権利として法律でしっかりと守られています。
特許期限が切れていない新薬を勝手に製造するのは法律違反であり、日本をはじめとする他の国々ではこのようなジェネリック医薬品は作ることができません。
しかし、インドでは作られています。
これはどういうことなのでしょうか?
その理由は、インドの特許法が他の国々と異なるところにあります。
医薬品の特許には製法と成分の二種類がありますが、そのうち製法のみを特許と認めているのがインドなのです。
ですから、たとえ同じ成分でも異なる製法で作られている医薬品であれば、インドの法律では全く問題はなく、製造販売することができるのです。
もちろん、インドのジェネリック医薬品を輸入して日本で販売することは法律で認められていません。
だたし、これを個人が輸入して使用する分には全く問題ありません。
そこで多くの人たちから利用されているのが、海外通販の医薬品輸入代行サイトです。
大手の輸入代行サイトでは、薬剤師が医薬品の成分検査を全てチェックしていますので、安全性がしっかりと保証されています。
またこういったサイトでは、口コミが多数寄せられているので、効果や安全性に問題があるかどうか等はすぐに確認できます。
このように、インドで認められただけでなく日本の薬剤師がしっかりとチェックしているインドのジェネリック医薬品は安全といえるので、安心して使用することができるでしょう。
TOPに戻る