ジェネリック医薬品
人気ランキング
性病・感染症治療薬

インドにジェネリック医薬品が多い理由

最近は育毛剤やED治療薬などのジェネリックを輸入代行業者を利用して購入する人が増えていますが、ネットでそのような医薬品を検索するとインド製のものが非常に多く見られます。
なぜ、インドのジェネリックが多く扱われているのでしょうか。
その前に、ジェネリックについて少し詳しく見て行きましょう。
医療用の医薬品には先発医薬品と後発医薬品の2種類があります。
先発医薬品は製薬会社が研究開発してつくり出した新薬のことです。
新薬な開発には非常に多くのコストと非常に長い開発期間・臨床期間が費やされているため、その権利を守るために一定期間の特許が与えられます。
一般的に特許は20年から25年間与えられますが、その期間は他の製薬会社は同じ薬を製造販売できないため、新薬を開発した製薬会社は特許期間中に独占的に開発費を回収することができます。
医薬品に認められる特許には「物質特許」「用途特許」「製剤特許」「製法特許」の4つがあります。
それぞれを簡単に説明すると、物質特許は有効成分そのものに対して与えられる特許、用途特許は発見した効能に対しての特許、製剤特許は有効成分以外の医薬品安定化のために使われる成分に関する特許、製法特許は医薬品の製造方法についての特許、となります。
新薬を開発した製薬会社は特許が切れるまでは市場の利益を独占できるわけですが、物質特許と用途特許が切れれば別の製薬会社も同様の医薬品を製造することになります。
これがジェネリック医薬品と呼ばれるものです。
新薬では開発費や販売費を医薬品の価格に乗せて回収する必要がありますが、ジェネリックではその必要がありませんから、場合によっては新薬の半分以下の値段で同じ効用の医薬品を購入することができてしまいます。
この安さを目的に海外から個人輸入代行を利用してジェネリックを購入するわけです。
さて、なぜインドのジェネリックが人気なのかという理由ですが、実はインドでは2005年までは医薬品に関する4つの特許のうち、製剤特許と製法特許の2つだけしか認められていませんでした。
つまり、ジェネリックを製造するために必要な物質特許と用途特許に関してはフリーだったので、新薬が販売された直後にジェネリックを販売することが可能でした。
このような理由から、インドならば効能が高い最新のジェネリック医薬品を新薬よりもかなり安い値段で購入することができたのです。
では、2005年以降はどうかというと、インドの特許庁は医薬品に関する4つの特許を全て認めているので、理論的には特許が切れるまでジェネリックを製造することはできません。
しかし、実際には特許を持つ製薬会社と交渉していくらかの特許使用料を支払うことでジェネリックを製造しています。
ですから、今でもインドのジェネリックは人気があるのです。
TOPに戻る