ジェネリック医薬品
人気ランキング
性病・感染症治療薬

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは 最近よく耳にするジェネリックとは、何を意味しているのかを簡単に説明していきます。最初に発売された新薬(先発品)には特許があり、特許期間中は同じ有効成分や製法で薬品を製造する事が出来ません。しかし特許期間が満了すると、同一の薬品を製造販売出来るようになります。それをジェネリック(後発品)といいます。薬は、この二種類に大別されます。

新薬を世に出す為には150~200億円と言われる開発費と10~15年という開発期間がかかります。新しい物質をみつけるところから始め、動物での非臨床試験、ヒトでの臨床試験など、様々な研究、実験、承認審査が必要です。新薬開発には莫大な費用と時間がかかる為、特許を取得する事で権利を守り、企業として収益を確保している訳です。

特許期間が満了した医薬品は、同じ成分や製法で薬品を製造し安全であるかの承認を得れば販売出来る為、費用は1/100程度の数千万円で済みます。この初期費用の差が、薬価の差となります。また国によっても特許の捉え方に差があり「開発途上国の薬局」と呼ばれるインドでは、世界のジェネリックの大半を供給し、2005年までの35年間「医薬品は健康に関わる物」という事で特許の対象ではありませんでした。海外通販で販売されている薬品もインド製造の物が多いのは、こうした理由から安価で販売されている薬品が多いようです。

ジェネリックが安い理由

ジェネリックが安い理由 新薬の開発というものは、先ほども書きましたが、一般的に10~15年以上もの長い研究期間と、場合によっては150~200億円を超える莫大な開発費用がかかります。そのため無事発売することができた暁には、売上でその費用を回収しなければなりません。つまり新薬には、その利益を守るために約20年ほどの特許期間が与えられ、開発メーカーが製造と販売を独占することができるのです。当然、この期間内は開発メーカーの言い値によって薬の価格が決まるため、往々にして高額になってしまいます。

対してジェネリックとは、先発品である新薬の特許期間が切れ、他の製薬会社でも製造されるようになった薬のことです。安全性や効果を心配する人も多いですが、これは国によって保証されており、名前や添加物が多少違うだけでほぼ同一の薬であると言えます。既存の先発品を研究することで、開発期間や費用は非常に少なくて済みます。平均開発期間は3~4年で、開発費は数千万円である場合が多いです。
このため、ジェネリックは先発品と違って、非常に価格を抑えることができるのです。また国によって、価格は先発品の2~8割までと決められており、一般的には半額程度で購入することができます。この価格の低さが、ジェネリックの最大のメリットであると言えます。

日本ではまだまだ認知度も普及率も低いのですが、ジェネリック先進国である欧米では、ほとんどの人がジェネリックを使用しています。アメリカではジェネリックのシェアが71%、イギリスやドイツでは60%を占めているほどです。欧米は、日本の上を行く医療先進国です。医療費の増大が深刻な問題となり、国の予算を圧迫し始めました。

この状態を改善するために1990年代後半から様々な制度を策定し、負担を軽減するためにジェネリックの使用を進めてきました。10年以上の時間をかけて徐々に認知度を広め、現在上記ほどのシェアを占めるに至ったのです。患者が自分の意志で先発品かジェネリックかを選ぶことのできる代替調剤という制度はアメリカで広く普及しているもので、これは2008年に日本も取り入れ、ジェネリック普及のきっかけとなった制度です。フランスやオランダなどの欧州でもこの代替調剤制度が主流で、やはりその価格の安さからジェネリックを選ぶ人が多く存在します。

インドにジェネリック医薬品が多い理由

インドにジェネリック医薬品が多い理由 最近は育毛剤やED治療薬などのジェネリックを輸入代行業者を利用して購入する人が増えていますが、ネットでそのような医薬品を検索するとインド製のものが非常に多く見られます。

話は戻りますが、新薬を開発した製薬会社には、その権利を守るために、一定期間4つの特許が与えられます。その特許とは「物質特許」「用途特許」「製剤特許」「製法特許」というものです。それぞれを簡単に説明すると、物質特許は有効成分そのものに対して与えられる特許、用途特許は発見した効能に対しての特許、製剤特許は有効成分以外の医薬品安定化のために使われる成分に関する特許、製法特許は医薬品の製造方法についての特許、となります。

新薬を開発した製薬会社は特許が切れるまでは、市場の利益を独占できるわけですが、物質特許と用途特許が切れれば別の製薬会社も同様の医薬品を製造することになります。さて、なぜインドのジェネリックが人気なのかという理由ですが、実はインドでは2005年までは医薬品に関する4つの特許のうち、製剤特許と製法特許の2つだけしか認められていませんでした。つまり、ジェネリックを製造するために必要な物質特許と用途特許に関してはフリーだったので、新薬が販売された直後にジェネリックを販売することが可能でした。

このような理由から、インドならば効能が高い最新のジェネリックを新薬よりもかなり安い値段で購入することができたのです。では、2005年以降はどうかというと、インドの特許庁は医薬品に関する4つの特許を全て認めているので、理論的には特許が切れるまでジェネリックを製造することはできません。しかし、実際には特許を持つ製薬会社と交渉していくらかの特許使用料を支払うことでジェネリックを製造しています。ですから、今でもインドのジェネリックは人気があるのです

インドのジェネリックは安全で効果も高い

インドのジェネリックは安全で効果も高い インターネットで薬を検索すると、最近では海外医薬品が数多くヒットします。特にED治療薬のバイアグラレビトラシアリスのジェネリックのカマグラや、その他、ダイエット医薬品など、日本での開発が遅れているような製品は海外医薬品が多いです。その中にはジェネリックも数多く存在し、製造元はインドが多く、正規品に比べて値段は安くなっています。そして正規品とほぼ同等の効果を得られるのです。そう考えてみるとジェネリックはやはりかなりお得だということになります。

インドの医薬品は日本のドラッグストアではあまり見かけない馴染みの薄いものかもしれません。しかし、インドは経済が成長しており、医学のレベルは世界トップクラスです。難しい治療をインドに出向いて行う人がいるくらいなのです。当然、それに伴う医薬品の開発レベルも非常に高く、ジェネリックの多くがインド製だからといって、不安になる必要は全くありません。

しかし、インドの医薬品を見ると、不自然なことに気付く方もいるかもしれません。それは、インドで売られているジェネリックの多くが、特許が切れていないということです。ふつう、特許は有効成分や製造方法、効果や効能といったものが、開発した製薬会社の権利として法律でしっかりと守られています。特許期限が切れていない新薬を勝手に製造するのは法律違反であり、日本をはじめとする他の国々ではこのようなジェネリックは作ることができません。

しかし、インドでは作られています。これはどういうことなのでしょうか?その理由は、インドの特許法が他の国々と異なるところにあります。医薬品の特許には製法と成分の二種類がありますが、そのうち製法のみを特許と認めているのがインドなのです。ですから、たとえ同じ成分でも異なる製法で作られている医薬品であれば、インドの法律では全く問題はなく、製造販売することができるのです。

もちろん、インドのジェネリックを輸入して日本で販売することは法律で認められていません。だたし、これを個人が輸入して使用する分には全く問題ありません。そこで多くの人たちから利用されているのが、海外通販の医薬品輸入代行サイトです。大手の輸入代行サイトでは、薬剤師が医薬品の成分検査を全てチェックしていますので、安全性がしっかりと保証されています。またこういったサイトでは、口コミが多数寄せられているので、効果や安全性に問題があるかどうか等はすぐに確認できます。

このように、インドで認められただけでなく日本の薬剤師がしっかりとチェックしているインドのジェネリックは安全といえるので、安心して使用することができるでしょう。あの国境なき医師団でもインドのジェネリックが使用されています。とても安全性が高いという証明になっています。

ジェネリックのシェア

ジェネリックのシェア 安全性や効果を心配する人も多いですが、これは国によって保証されており、名前や添加物が多少違うだけでほぼ同一の薬であると言えます。既存の先発品を研究することで、開発期間や費用は非常に少なくて済みます。

また国によって、価格は先発品の2~8割までと決められており、一般的には半額程度で購入することができます。この価格の低さが、ジェネリックの最大のメリットであると言えます。日本ではまだまだ認知度も普及率も低いのですが、ジェネリック先進国である欧米では、ほとんどの人がジェネリックを使用しています。

欧米は、日本の上を行く医療先進国です。医療費の増大が深刻な問題となり、国の予算を圧迫し始めました。この状態を改善するために1990年代後半から様々な制度を策定し、負担を軽減するためにジェネリックの使用を進めてきました。10年以上の時間をかけて徐々に認知度を広め、現在上記ほどのシェアを占めるに至ったのです。

患者が自分の意志で先発品かジェネリックかを選ぶことのできる代替調剤という制度はアメリカで広く普及しているもので、これは2008年に日本も取り入れ、ジェネリック普及のきっかけとなった制度です。フランスやオランダなどの欧州でもこの代替調剤制度が主流で、やはりその価格の安さ、そして確かな効果からジェネリックを選ぶ人が世界中に多く存在します。

ジェネリックを通販で購入する

ジェネリックを通販で購入する ジェネリックは通販で簡単に購入することができます。国内では入手できないジェネリックを購入することができます。もちろん、ジェネリックなので、値段も安いのでとても、経済的です。そして、通販ですので24時間、いつでもどこでも注文することもできるので、自宅で治療することができます。例えば、ED治療薬を注文する場合は、EDの治療をするために病院へ通院となると、知り合いや友人、家族に通院している所を見られたりしたら?等と言った心配はあるかとは思います。

そういった場合にも、通販はとても便利です。もちろん、バイアグラなどは先発品も購入する事もできますし、ジェネリックも購入することができます。通販ではED治療薬以外にも色々な薬も売っていますし、ジェネリックも豊富に揃っています。そして、通販では実際に使用した方が、口コミや体験談などで感想なども見れるので、購入する前に参考にしてみるのもいいと思います。

ジェネリックのまとめ

ジェネリックの製造過程において費用があまりかからないために安く提供することができるという事がわかりました。そして確かな効果と安全性もあり、世界の各先進国でもジェネリックの普及率は50%以上を占めていて、とても高いことが分かりました。長く使用する薬の場合は、費用を抑えてジェネリックを使用した方が経済的に治療することができます。

TOPに戻る