早漏・ペニス増大
人気ランキング
性病・感染症治療薬

短小は損

短小 男性はペニスサイズが小さいと損をする、という話を聞いたことがある方は少なくないでしょう。
しかし、どんな風に損をしてしまうのかということまでは理解していない方も多いのではないでしょうか。
そんな方々のために、ペニスサイズが小さいと損をすることについて具体的に解説しますね。
ペニスサイズが他者より小さいと損をすることとしては、主に、性行為の際にパートナーである女性に性的な満足感を感じてもらいにくいということが挙げられます。
性行為の際には、パートナーの女性のヴァギナにペニスを挿入することになりますよね。
その際、女性に性的な快感を与えるためには、ペニスでヴァギナの内壁をこすったり、ヴァギナの奥を突き上げたりすることが必要になるんです。
標準サイズや大きなサイズのペニスを持つ男性であれば、普通にピストン運動を繰り返すだけでも、ヴァギナの内壁がこすれますし、ペニスが奥まで届きますので、女性に自然と快感が与えられることになります。
しかし、ペニスサイズの小さい男性の場合、ヴァギナをそんなに押し広げなくてもペニスを挿入できてしまうので、普通に出し入れするだけではヴァギナの内壁があまりこすれることがなく、また、ペニスが奥までしっかり届かない場合も出てきてしまって、女性にとっては物足りない状態になってしまうことが多いのです。
また、サイズが小さいペニスでは、肉体的な快感だけでなく、イメージによる快感も与えにくくなります。
ペニスを目にした際に、「このペニスが自分のヴァギナに入ってきたらどれ位気持ちがいいのだろう」と挿入時のことを想像して、そのイメージによって興奮して快感を感じるという女性は少なくないものです。
ペニスサイズが大きければ、その分だけ女性の中で挿入への期待感が高まり、イメージによる快感も膨らむでしょう。
しかし、ペニスサイズが小さいと、女性の中で挿入への期待感が膨らみにくいため、イメージによる快感も感じてもらいにくくなってしまうというわけなのです。
ペニスサイズが小さいと、このように肉体面でもイメージ面でも女性に快感を与えにくいので、性行為が下手だという評価を女性から下されてしまいやすいという点も、ペニスサイズが他者より小さいと損をすることだと言えるでしょう。
女性関連のこと以外で損をすることとしては、裸になる必要があるシーンで堂々としていられなくなることが挙げられるでしょう。
例えば、銭湯や温泉などを利用する際、ペニスサイズが標準以上の男性は股間を隠さずにリラックスして湯の気持ち良さを堪能しているのに、ペニスサイズが小さい男性は自分のペニスが人目に付かないよう股間を隠すことばかり考えていてせっかくの湯を楽しめずにいる、といったことが起こりやすいのです。
TOPに戻る