ED(勃起不全)とは
人気ランキング
性病・感染症治療薬

EDの種類

EDの改善 ED(ErectileDysfunction)は、「勃起障害」または「勃起不全」と訳されます。
性行為時に勃起できないことで、行為に進むことができないという障害です。
自身の欲を満たすことも、パートナーを満足させてあげることもできないことで夫婦間の問題にもなりやすくなります。
EDは「勃起しない」というのが一般認識ですが、定義では「性行為の際に75%以上の確立で行為が行えない状態」とあります。
ただ、それも一概ではありません。
性機能障害から考えると、症状には個人差があり、軽度から重度まで存在します。
例えば軽度なら稀に勃起しない、中度なら頻繁に勃起しない、重度なら常に勃起しないと分けることができます。
また、充分に勃起しない、硬くならない、勃起の持続時間が短いなどの症状もEDです。
それを踏まえると、自分では気がついていない潜在的なED患者は大勢いるということになるでしょう。
そのため正確な患者数は掴みにくくなっています。
EDの種類を大別してみると、「肉体的要因」と「心因的要因」に分けることができます。
肉体的要因は、加齢、ライフスタイル、生活習慣病、その他の病気などがあります。
加齢は性的欲求を抑えると言われていますが、人間の性的欲求は加齢が理由で落ち着くようなものではありません。
ただ、加齢によってEDの要因となる糖尿病、心臓病、高血圧、アルツハイマー病を発症するケースが多くなるということは言えますね。
他にも、こちらは多くはないケースですが、前立腺肥大症や前立腺炎などの泌尿器科系の病気が原因だったり、前立腺がんや膀胱がんなどの手術によって神経を傷つけてしまうことでEDを引き起こすこともあるとされています。
また、年齢ばかりではなく若い人でも悩まされるEDは、ライフスタイルも影響します。
乱れた生活習慣、食生活に加えて、喫煙や過度なアルコール摂取もよくありません。
このような不規則な生活が長く続くことでEDになることもあります。
そして、心因的要因はストレスです。
特に働き盛りの20代~40代に多いといいます。
また、男性は女性に比べてデリケートな生き物です。
要するに、傷つきやすく、しかも一度傷つけられると回復しにくいというのが一般的な特徴としてあります。
そのため、女性の些細な一言でEDになってしまうケースもゼロではありません。
症状に応じ、泌尿器科、精神科、心療内科、内科などの受診が奨められます。
TOPに戻る