ED(勃起不全)とは
人気ランキング
性病・感染症治療薬

EDの改善方法

ED治療薬 医薬品を使ったEDの改善方法には、バイアグラ、レビトラ、シアリスのいずれかのED治療薬を用いることになります。
バイアグラは有名なので、その名称くらいは耳にしたことがあるでしょう。
世界初のED治療薬として、アメリカのファイザー社の製造により1998年(日本では翌1999年)から販売されています。
実はバイアグラは狭心症の医薬品の副産物として誕生した薬です。
狭心症の医薬品の臨床試験にて、本来の求める効果よりも勃起効果が認められたため、ED治療薬としての製造が決まったとのことでした。
次いで誕生したのが、ドイツのバイエル薬品が製造したレビトラで、日本では2004年から販売されています。
そして最後に日本イーライリリー社が製造したシアリスで、2007年から販売、現在は世界シェアNo1のED治療薬となっています。
作用としては、いずれも血管を拡張させることで勃起を促しますが、服薬方法や効果の程度が異なります。

バイアグラは25mg・50mgの処方、空腹時の服用で、効果が現れるまでは平均して1時間、持続効果時間は4~6時間です。
レビトラは10mg・20mgの処方、(空腹時服用の方が効果的だが)服用のタイミングを選ばず、効果が現れるまでは平均して30分、持続効果時間は4~6時間です。
シアリスは10mg・20mgの処方、(空腹時服用の方が効果的だが)服用のタイミングを選ばず、効果が現れるまでは個人差が大きく30分~4時間、持続効果時間は36時間が報告されています。

こうしてみるとシアリスが一番高い効果を持つことが分かりますが、ならばシアリスが一番良いのかというわけでもありません。
体質的に合う合わないがあるため、シアリスでは効果があまり感じられなかった人がバイアグラでは効果を感じられたなんてこともあるので一概ではないでしょう。
ちなみに、服用することで勃起効果が得られるわけではなく、性的刺激を与えないと効果は出ません。
興奮剤や媚薬のようなものとは異なる、れっきとした医薬品であるということは念頭において服用していく必要があります。
その上で、用法・用量を守ることは前提ですが、特定疾患を抱えている方には服用は勧められません。
副作用に関しては、頭痛、ほてり、目の充血、動悸、消化不良などが報告されていますが、いずれも強いものではなく4~6時間で治まってくるとされています。
TOPに戻る