ED(勃起不全)とは
人気ランキング
性病・感染症治療薬

糖尿病との関係

多くの男性が悩まれているEDですが、その原因も人によって違いがあり、改善策もまた変わってきます。
若い世代などでは精神的なストレスが原因になっていることも多く、心を楽にすることで自然と回復することもあるようです。
ある程度の年齢になると体の機能も落ちてきますし、病気にもなりやすくなりますので、そうした病気が原因しているEDもありますし、治療で処方されている薬がEDの主症状をもたらす場合もあります。
EDの症状が起こりやすい病気にも様々種類がありますが、糖尿病もまた影響の出やすい症状とされていますので、血糖値の高さを指摘された経験のある方、すでに治療中の方はこうした病気が影響しているかもしれません。
糖尿病は生活習慣病の代表的な存在ですが、常に血糖値が高い状態が続いてしまう病気で、こうなると血管、毛細血管を傷めやすく動脈硬化を引き起こしやすくなってしまいます。
そして血管が衰えてしまうことは男性器の海綿体内にある毛細血管も傷つき、その結果勃起しづらくなるとされおり、さらに勃起に必要となる一酸化窒素が神経から出にくくなるのでEDに陥りやすいとされています。
さらに糖尿病はEDだけではなく、様々な合併症を引き起こすことで知られていますので、健康のためにもやはり改善の努力は行っていきたいものです。
それから、糖尿病があるからといって、体質や症状は人それぞれ違いがありますので、必ずしもEDになるとは限りません。
改善のためにはやはり食事療法や運動はとても大事ですから、日頃からしっかり健康管理は行っておきましょう。
そして糖尿病のある方の場合は太りすぎていることも多く、太りすぎもまたEDにもよくありませんし、健康の面でも良いとは言えませんから適正な体重になれるようダイエットにも挑戦したいところです。
それから喫煙の習慣がある方の場合もさらに血管や血流に悪影響を出してしまう場合もありますので、こちらについても考えてみるなど、健康を維持できる努力は欠かさないようにし、症状の改善を目指していきましょう。
糖尿病の治療は医療機関で行われていますが、このときもEDの症状がある場合は医師に伝えておくと血管の状態なども検査する場合もあります。
EDの治療もあわせて行うのであれば、その相談もしておきたいものです。
EDの治療では通常、ED治療薬がよく利用されていますが、糖尿病の薬を飲んで入る方の場合は、薬との飲み合わせは悪くないか、薬を飲んでも大丈夫なのかしっかり確認しておきましょう。
TOPに戻る