ED(勃起不全)とは
人気ランキング
性病・感染症治療薬

ED(勃起不全)とは

日本のED状況 生活サイクルが忙しくなった現代、いろいろな病気や現象に悩まされる人も多いです。
睡眠不足、ストレスなどから来る障害は、健康被害とも言えるものですが、簡単に治せそうでも生活環境を考えると簡単に治せないものもあるのです。
そんな生活環境から来る病に、EDと言われるものがあります。
このEDとは、ErectileDysfunctionの略で「勃起機能の低下」ということで、男性にしか起こらない病気です。
女性からみると「私に興味がないの?」
と思われがちなことですが、これは意識とは別の問題です。
その昔であれば、年齢を重ねた老化現象と言われていましたが、現代ではストレスや寝不足、または生活習慣病なども関係することから、若い人にもこのEDと言われる症状が見られる時代になりました。
ではこのEDと言うものはどうして起きてしまうのか考えてみましょう。
第一の原因として、病気にかかっていることです。
高血圧、糖尿病などが考えられますが、その他にも前立腺に関わる病気や男性ホルモンの低下も大きな理由とされます。
多くの原因が心因的なものとなり、勃起不全と言うことも考えられ、肉体的な問題だけでなく精神的な原因も考える必要があるでしょう。
男性が、朝立ちや自分で行なう自慰などでは正常な働きをする人も、女性を目の前にするということをきかない場合もあるのです。
例えば、近くの部屋に子供が寝ている、アパートの壁が薄く隣の部屋が気になる、子供を作るためだけのSEXを迫られるなどの理由から、EDになってしまう男性も存在します。
これらは、精神的なものが原因とされますので、このような状態から解放することで、治ることが多いと言われます。
ホテルに泊まる、温泉に行ってみるなどの方法も解決に向ける良い方法と言われています。
このように肉体的要因や精神的要素が原因とされることが多いEDですが、また別な要因もあるのです。
それは、薬の服用です。
うつ病とか抗うつ薬の影響も考えられます。
ストレスが原因で精神的にまいってしまう人はうつ病になる危険性もあればEDになってしまう危険性もあります。
このような薬を服用されている人は、病院へ行き先生に相談すると良いのでしょう。
ですがED薬をもらうため、病院へ行くのが恥かしいと言う人もいます。
自分の身体のことでもあるのですから、堂々と病院の門をくぐることをお薦めします。
ED薬を服用することは決して恥かしいことではありませんので、早めに解決することで、夫婦間の信頼を保つことになるのです。

EDの症状
TOPに戻る