• ED治療薬ランキング
  • バイアグラ
  • レビトラ
  • シアリス

ED治療薬購入するならランキング

3大ED治療薬

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは
先発薬と同様の効果を安価に購入できるジェネリック医薬品。ここではどうして安いのか?医療先進国の海外ではどの程度普及しているのかなどを詳しく解説致します。

海外医薬品の個人輸入とは

海外医薬品の個人輸入とは
最近は海外医薬品を個人輸入する方が増えています。なぜみんなわざわざ海外医薬品を取り寄せているのか?海外医薬品通販のメリットを中心に詳しく解説致します。

ED(勃起不全)とは全て見る

お薬辞典全て見る

ED治療薬のVIAGRA-ばいあぐら-

医者とバイアグラ50mg バイアグラと聞いてどのようなことをイメージするでしょうか?大ざっぱな答えだと下記のような事を想像する人が多いのではないでしょうか?
・ペニスが勃起状態になる
・性欲が増加する(興奮する)
・感度が良くなり気持ち良さが増す
微妙な違いやニュアンスの違いはあるかもしれませんが、バイアグラに関して詳しく知らない人からしたらバイアグラは上記のようなイメージではないでしょうか?
正確に言えば上記のイメージは間違いと言えますが、結果として上記のような現象が起こりうる可能性というのはあります。
まずバイアグラとは何か?と聞かれれば、世界的に有名なED治療薬になります。

ED治療薬は世界的にも日本国内でも医薬品の部類に入ります。
ドラッグストアやスーパーなどで買える栄養ドリンクなどとは種類が違いますので、間違えないようにしましょう。
そんなバイアグラの誕生は1999年まで遡ることになりますが、実はこのバイアグラは世界で初めて誕生したED治療薬なのです。
人類史上初となるED治療薬であり、すでに発売から15年以上が経過する元祖ED治療薬として君臨しています。
備考

勃起促進作用がある成分シルデナフィルくを含むバイアグラは『ファイザー』というアメリカ合衆国のニューヨーク州に本社を置く世界最大手の製薬会社が販売し1998年に、アメリカ食品医薬品局(FDA)に認可され販売が開始されはじめました。

開発までの経緯がとてもユニークな話であり、成分シルデナフィルは「狭心症」という心臓の病気を治療する目的で開発が進められていたものの、EDを治療できる効果が偶然にも認められたため製品化となったという経緯があります。

セックスの1時間ほど前を目安に服用することで、最大で6時間に渡り効果の持続性があります。薬の切れが良く、効き目が強いことから15年以上経った今でも愛用している人はたくさんいます。

「性欲が増してくる」、「興奮が増す」といった媚薬や精力剤と勘違いしている人もいるようですが、服用するだけで勃起できるようなものではありません。

服用してから刺激されたり、興奮を催すことでED治療薬としての効き目が発揮されます。ペニスへの血流を改善することで、勃起へと導いてくれます。
日本では保険が利かない治療になるので、高い治療費を払い続けるのが困難になり、治療を断念してしまう人もいるようです。

しかしネットが普及している現代では、通販を利用して低価格なバイアグラのジェネリック医薬品なども購入できることから、コストを軽減しつつ治療できるようにもなってきています。

剤形に特徴があるものも多く、おやつの様に食べられるゼリータイプや錠剤の苦手な方でも問題ない水に溶かす発泡剤、噛んだり舐めたりして服用するチュアブルなどもあるそうです。

バイアグラ誕生の経緯

バイアグラの誕生 現代ではEDで悩む人からは「夢の薬」と言われ人気を博しているバイアグラですが、誕生の裏には実はおもしろいお話があります。

主成分であるシルデナフィルは、もともとEDの治療に効果があるとされる成分ではありませんでした。
もともとは狭心症という心臓の病気を治療するため開発が勧められてきた成分で、実際の臨床実験も心臓病の改善を目的とした実験でしたが、ここで開発者が意図したこととは別の作用が確認されます。

臨床実験を行ったが、意図するような成果を上げられず、再度研究をし直さなければと肩を落とす研究者は、被験者から残った薬の回収を始めます。
しかし、数人を除いて薬の回収を拒み始めたのです。
狭心症を改善するには効果が乏しいとされる薬であるにも関わらず、どうして大半が回収を拒むのか?研究者は疑問に思い、被験者一人一人に確認します。
すると被験者たちから驚きの答えが返ってきたのでした。
驚くほど勃起するから」「ペニスが若返った」などという答えでした。

研究者は元々の狭心症の実験とは別に、今回起きた作用に着目し研究を並行して行っていくことになります。
そして研究の甲斐あって、ED(勃起不全)を改善する効果があることを突き止めることができ、バイアグラの誕生となっていくわけです。
本来こうしたケースというのはあまりありませんが、この例はまさに「偶然の産物」としてED治療薬のバイアグラが誕生したのです。

バイアグラの安全性

バイアグラの安全性 バイアグラは血管を拡張させることで勃起現象を起こしてくれます。
これはつまり、性的興奮の度合いを高めてくれたり、感度を良くしてくれるというような薬ではなく、単にペニスに血液が流れ込みやすくして勃起現象を引き起こすきっかけを作ってくれる薬ということです。
血管の拡張と言っても、併用を禁止されている薬物を使用していたり、持病の人が服用しない限りは心臓に負担をかけることもなく、安心して服用する事ができます。
とくに持病の中でも心臓に関係する疾患をお持ちの人については服用しないようにしましょう。

よくある噂
・勃起が収まらなくなる。
・セックスがしたくて理性を失う。
・勃起現象が強すぎてペニスの血管が切れる。


などなど、様々な噂が存在しますが、どれも間違った噂ですので惑わされないようにしましょう。
ただし、勃起現象が収まらなくなる。というのは本人が四六時中にわたって女性の裸などを妄想していたり想像したりしていると視覚的興奮により収まりにくくはなります。これは薬の効果というよりも、本人の趣味嗜好の問題になりますので、よくエッチな妄想や想像をしてしまう人は服用した後の外出は控えることをおすすめします。
バイアグラは上述でも説明した通り、血管を拡張させる効果がある薬なので、脳内で覚醒を起こすような効果はありません。
従ってセックスがした過ぎて理性がなくなるような事も当然なく、理性は本人のもとのままです。
勃起現象が強すぎて血管が切れるという噂については、どうしてそんな噂になったのかが不明なくらいですが、そのような報告はありません。包茎などの人が勃起をして亀頭の部分が締め付けられて痛いというところから、こうした噂になったのではないかという説が有力ですが、もちろんバイアグラを服用したことが原因で血管が切れるなどということはありませんので、安心してください。
様々な悪い噂というのがありますが、もし一つでも本当だとしたら薬の製造自体が中止されている事でしょう。そうならないのは「バイアグラは安全だから」の一言に尽きます。
ED治療薬はその都度、効果を発揮し、セックスをする手助けをしてくれる夢のような薬です。
間違った情報に惑わされず、正しい知識のもと服用して、充実しつつ有意義なセックスライフを送るようにしましょう。

バイアグラの併用禁忌薬

バイアグラの併用禁忌薬< 効果が高く、効果も知名度もED治療薬の中ではナンバーワンと言っても過言ではないバイアグラですが、効果が高い故に併用禁忌薬というものが存在します。併用禁忌薬とはバイアグラと併せて一緒に服用してはいけない薬のことで、併用してしまうと効果がまったくないばかりか、身体に対して悪影響を及ぼすだけでなく、重大な事故を引き起こす可能性があります。
・硝酸剤
・塩酸アミオダロン製剤
・慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬
上記の成分や薬が併用が禁止されているものになりますが、薬の名前をあげると50以上になります。
上記の中で特に注意しなければならないのが硝酸剤です。
硝酸剤はニトログリセリンなどの狭心症で起こる心臓発作を止める薬です。

血管を拡張し、血行を促進する効果があるバイアグラと併用すると血圧が急激に低下してしまい、最悪の場合は心停止を起こすことも考えられます。
過去の事例では、実際併用して心停止を起こし、亡くなった人もいらっしゃいますし、硝酸剤と呼ばれる薬には多くの種類があるので、気づかずに服用してしまうということがないように注意しなければなりません。詳しくは硝酸薬の詳細をご確認ください。

バイアグラの特徴

バイアグラの特徴 ED治療薬の中でも人気があるバイアグラですが、人気があるというのにはそれなりの理由があります。バイアグラと肩を並べるこちらも人気のレビトラシアリスも同様で、それぞれ人気の理由というのは必ずあります。
と言っても人気の理由というのは決して小難しいことではなく、単純にその薬の特徴に合う人が多くいるということなのです。例えば、バイアグラはレビトラやシアリスに比べて、短時間に高い効果を十分に発揮する爆発的な勃起力が人気の秘密です。まさに元祖ED治療薬といった言葉がぴったりな薬です。

服用してから効果が現れるまでが速いという点で、即効性という面ではレビトラが突出しており、効果の持続時間という点であればシアリスが突出しています。

こうしたそれぞれのED治療薬の特徴を理解し、自分のライフスタイルに最も合っている薬はどれなのか?と考えた時に、仕事に追われている男性が多く、自宅で家族や恋人と過ごす時間があまり十分とは言えない日本人にとっては、効果の長いシアリスというのは決して合っているとは考えられません。もちろん、週末は存分に奥さんや彼女との時間を確保しているというライフスタイルの人にしてみれば、効果の長いシアリスは有意義な薬です。また一夜限りの風俗店など時間に制限がある場合などで活躍するのはレビトラで、すぐに効果を得てお遊びすることができます。

しかし、どこまでいってもED治療薬を服用する人の中で比較的多いタイプは、仕事に追われがちな男性で、そうした人が望むのは即効性のレビトラでもなく、長い時間効果を持続するシアリスでもなく、短時間で爆発的な勃起力を得ることができるバイアグラなのです。あくまで独自に調べている統計的なデータをもとに解説をしていますので、実際にバイアグラ、レビトラ、シアリスの中でどのED治療薬が良いのか?という答えにはなりませんが、その人その人それぞれのライフスタイルに応じて合っている薬を正しく服用するのが唯一の正解であるということはお伝えしたいです。
今現在、自分にはどのED治療薬が合っているのか分からないとお考えの人がいるのであれば、実際に飲み比べてみることをおすすめします。

バイアグラの服用方法

バイアグラの服用方法 バイアグラの高い効果を得るためには正しく服用する必要があります。どんなに良い薬でも飲み方を間違えていると、効果を有意義なものにできないばかりか、身体に対して悪影響を及ぼしかねないので注意が必要です。

バイアグラの正しい服用方法
1日1錠
バイアグラは1日に1錠までとして、それ以上は絶対に服用してはいけません。翌日にまた服用する場合は24時間以上、間隔を空けて服用するようにしましょう。
副作用が強く出てしまう場合には連日の服用は避けるようするのが賢明です。

服用はお水
バイアグラは水もしくはぬるま湯で服用するようにしましょう。(清涼飲料水、お茶も可)ただし、牛乳などの脂肪分が多い飲み物については、腸の中で幕を張ってしまい、成分の吸収を妨げてしまう恐れがあることから、バイアグラ服用時に一緒に飲んではいけません。アルコールについては適量であれば相乗効果も考えられていることから、オススメですが、適量であって飲みすぎるとバイアグラの効果を満足に得られないので注意が必要です。

その他、服用する際には併用禁忌薬や食べ物についても考えなければなりません。併用禁忌薬については上記でご紹介していますが、食事との関係については「ED治療薬の服用と食事やお酒」にて詳しく解説しております。

世界が認めるほど、効果が高いバイアグラ。その素晴らしい効果をより有意義なものにするためにも正しい知識のもと服用するようにしましょう。

バイアグラの副作用

バイアグラの副作用 バイアグラは世界中の男性から支持を得ている人気のED治療薬です。
バイアグラの人気が高い理由の一つとして一番最初に上げられるのは高い効果です。

バイアグラは正しく服用すればほぼ間違いなく効果を発揮してくれるので、EDに悩む男性にしてみれば、まさに「夢の薬」そのものなのです。
しかし、そんな効果が高い薬だからこそ懸念されることもあります。
それはED治療薬に限らず、効果が高い薬には必ず付いて回る副作用です。
バイアグラの主な副作用
顔のほてり 頭痛 動悸 鼻詰まり 視覚異常
上記の中でも特に多いのは「顔のほてり」と「鼻詰まり」です。
これらはバイアグラを服用した人の9割近くの人が実感します。
人によって副作用の重さは異なりますが、顔のほてりや鼻詰まりはセックスをするにあたり差し障りがない程度の人がほとんどです。
動悸や頭痛については、ごく稀にセックスをするにあたり差し障りが出る可能性がありますが、あまりに副作用が重い場合にはかかりつけの医師に相談するなどの対応をするようにしましょう。
さらに稀な症状として視覚障害が上げられますが、これは見えなくなるということではなく、実際の色と異なった色に見える症状です。
一時的な場合がほとんどですが、6時間程度たっても改善されない場合は、こちらもかかりつけの医師に相談するなどしてください。

他にも軽度ではありますが、お腹が緩くなった気がしたり、目の充血であったりといった症状が出ることがありますが、副作用を実感したときというのはバイアグラの効果が身体に作用しているということになります。
副作用を感じたら自分のペニスに刺激を与えたり、心理的に興奮するようなことを想像してみてください。ペニスがとても敏感に反応を示してくれます。
体質などによって合う合わない、副作用の重さには差がありますが、良い薬には副作用はつきものということは覚えておきましょう。
そしてバイアグラに限らず、薬を服用するときには、その効果や服用方法はもちろんのこと、副作用までしっかりと理解して服用することが大切です。

バイアグラの購入方法

バイアグラの購入方法 バイアグラを入手する方法として日本国内で可能なのは、下記の2つになります。
病院処方
海外医薬品の通販
バイアグラは泌尿器科や内科、専門のクリニックなどを受診することで医師から処方してもらうことができますが、病院で処方してもらう場合は少なからず問題があります。

一つ目の問題として「時間」がかかるということです。通院の手間、混んでいれば待ち時間など、時間に追われて生活している人が多い日本人男性からすると決して軽視はできませんよね。

二つ目の問題として「費用(コスト)」がかかります。
バイアグラは病院や医療機関から処方してもらい購入する場合は保険適用外となりますので、費用が全額自己負担となります。そのため、各々のクリニックや医療機関などで費用が異なり、平均しても1500円前後と決して安くはありません。高い場合だと1錠2000円以上する場合もありえます。
この二つは病院で処方してもらう場合のデメリットと言えます。

そうした病院処方でのデメリットを考えずに購入できる方法として、海外医薬品の通販はとてもおすすめです。
海外通販においても輸入を代行してくれる通販サイトによって微妙な価格の差はありますが、それでも病院処方よりははるかに安いです。
また、病院処方のように通院の手間もなく、受付で待たされ時間を浪費する事もありません。
通常の通販と同様でインターネット環境さえ整っていれば誰でも簡単に利用することができるので、時間に追われる生活をしている日本人にとっては通販で購入する方法が適していると考えらます。

これはバイアグラに限らず、レビトラやシアリスにも同様なことが言えますし、バイアグラに拘りがないという場合、通販を利用する事でバイアグラやレビトラ、シアリスなどのジェネリック医薬品を購入することも可能です。
ジェネリック医薬品は先発薬に比べてコストをかなり軽減することができ、お財布にとても優しいので、バイアグラなどの価格を懸念していた人にとっても安心して服用することができるのでとてもおすすめです。

さらに詳細に知りたい場合はED治療薬の購入方法のページを是非見てみてください。

バイアグラジェネリック

バイアグラジェネリック バイアグラジェネリックを代表するのが「カマグラ」と呼ばれる製品。
成分は同じシルデナフィルとなり、海外製品になるので国内処方最大用量の50mgの倍の100mgがあります。
しかも錠剤以外にも豊富な剤形が特徴です。
・ゼリー
・チュアブル
・発泡剤
錠剤以外からも選べるので、錠剤が苦手な人でも簡単に服用することができます。
どの剤形にもフルーツフレーバーが添加されているので、味を楽しみながら服用することも。
また半分にカットして使用することもできるので、さらなるコストパフォーマンスUPにもなります。
飲みやすさにも優れたジェネリックに切り替える人は国内でも増えていて、カマグラであれば低価格なED治療を実現させることができます。
ちなみに価格は、バイアグラの1/10ほどの価格となっているので1錠も数百円ほどになります。

ばいあぐら?バイヤグラ?バイアクラ?

ばいあぐら?バイヤグラ?バイアクラ? 海外通販で誰でも簡単にED治療薬を購入することができますが、インターネットで検索する場合は「検索語句」には注意が必要です。

すでにバイアグラを服用している人にとっては聞きなれた言葉ですが、初めて服用するという人や、誰かが言っているのを聞いたという人にしてみれば、はっきりと分かりにくいものです。

インターネットで検索されている間違った検索語句のなかで多いのが「ばいあぐら」「バイヤグラ」「バイアクラ」といった誤変換や誤入力です。
バイアグラは文字にすると難しいことは何もありませんが、耳で聞くと分かりにくいですし、何より市販されているわけではないので普段の生活では目にする機会もないので知らないのも無理はありません。
インターネットの検索エンジンは非常に優秀なので、誤った語句で検索したとしても、お目当ての情報を判断して引っ張りだしてくれますが、正しく覚えるに越したことはないので、今まで「ばいあぐら」「バイヤグラ」「バイアクラ」などと覚えてしまっていた人がいたら、正しくは「バイアグラ」ですので、間違えないようにしましょう。

また、「ばいあぐら」という薬の名前だけでを覚えるのではなく、バイアグラ自体の正しい服用方法や効果、副作用、そういった特徴などを正しく理解することでより効果を有意義にし、且つ安全に服用することができるのです。
名前なんてそんなに大事じゃないでしょ?と面倒くさがったりせずに正しい知識のもと、「ばいあぐら」の高い効果をより有意義なものにしましょう。
TOPに戻る